イベント詳細

  • 家族で参加
  • 親子で参加
  • 一人で参加
  • おすすめ

夏の特別展「カセイノヒミツ~最新データからわかる火星 生命の痕跡をもとめて~」

日時
場所
特別展示室
対象
どなたでも
定員
なし
参加費
無料 (別途展示室入館料が必要)

火星は地球のひとつ外側を公転する惑星です。太陽系惑星の中では、火星は誕生直後の環境が地球によく似ていて、生命が存在した可能性があると考えられています。

「火星に生命が存在したのか?」その答えを探して現在も火星探査は続いています。
この特別展では、「火星はどのような惑星なのか?」「どのような特徴を持っているのか?」火星を徹底解剖し、火星探査の「歴史」と「現在」そして「未来」について紹介します。

●開催期間:7月22日(木祝)~8月31日(火)
●時  間:10:00~16:30(最終入場16:00)
●場  所:新館4階 特別展示室
●入 場 料:無料 (別途展示室入館料が必要)

 


 
◆展示内容とみどころ◆
「火星を徹底解剖!」
 火星はどのような惑星?どんな特徴をもっている?火星について分かりやすく紹介します。

「火星探査」歴史・現在・未来
 火星探査の「歴史」では、歴代の探査機によって撮影された画像を中心に探査の足跡をたどります。「現在」では、探査機パーシヴィアランスに関する話題を中心に最新情報に迫ります。「未来」では、火星への有人飛行や火星居住について展望します。
パーシヴィアランス.png
探査機パーシヴィアランス(C)NASA

関西初!!ナクラ隕石がやってくる!
 ナクラ隕石は火星起源であることが最初に確認された隕石であり、世界で最も有名な火星隕石とされています。ナクラ隕石は火星を研究するための貴重な試料でもあり、現在も研究が進められています。
なお、本特別展におけるナクラ隕石の展示は関西初となります。
05:ナクラ隕石ー1.JPG
ナクラ隕石(C)日本宇宙フォーラム

 

◆体験展示(当日受付・参加費無料(展示室入館料が必要))◆

火星ローバー操縦体験
 火星表面に見立てたコースを探査車”ローバー”が走行する疑似操作体験を行います。
 〇対 象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
 〇時 間:10:00~12:00、13:00~16:10 (所要時間約5分)
 ※体験には整理券が必要です。(当日9:30より会場にて配布)
P2rover3.jpg ローバー2.jpg

火星3D体験
 赤青メガネを使って火星の立体画像を見ることができます。
 〇対 象:どなたでも
3D画像体験.jpg 3D体験.jpg

火星の重力を感じよう!火星であなたの体重は?
 地球の重力の1/3である火星で体重を測るとどうなるでしょうか?特別な細工をした体重計に乗って調べることができます。
 ○対 象:どなたでも

惑星の距離くらべ
 火星は太陽系惑星の一つで地球の兄弟星と言われています。この展示では、火星をはじめとする太陽系の各惑星間の距離をイメージ体感できるよう、各惑星と太陽の距離を4000億分の1のスケールで会場の床に表現します。
 ○対 象:どなたでも
 

◆夏の特別展 関連講演会・ワークショップ◆

オンライン講演会「火星探査計画(MMX)の目的と概要」
日本が主導し、アメリカ合衆国・ヨーロッパと共同で取り組む、人類初の火星圏からのサンプルリターンミッションであるMMXは、2024年度の打上げを目指して開発を進めています。
今回の講演では、MMXが果たそうとしているミッションの目的、国際有人宇宙探査とのつながり、探査機はどの様な形をしているのか、どのような実験装置を搭載しているのか、どのような技術が使われているかなどについて、わかりやすく紹介したいと思います。

P2kouenkai01.jpg
講演者:峰松 拓毅(みねまつ ひろき)氏
宇宙航空研究開発機構(JAXA)国際宇宙探査センター
火星衛星探査機プロジェクトチーム

 ○日 時:8月7日(土)13:30~14:30
 ○対 象:小学4年生~一般
 ○参加費:無料
 ○定 員:100名(先着順)
 ○申 込:https://www.kobe-kagakukan.jp/event/article/635よりお申込みください。(7/17(土)~受付開始)


ワークショップ「テレポーテーションアバターロボットtemiを使っておうちから夏の特別展「カセイノヒミツ」の展示室ツアーに参加しよう!」
おうちから夏の特別展の展示を見ながら詳しい解説を聞くことができます。
 P2temi.png
 ○日 時:8月17日(火)①10:30~11:15 ②13:30~14:15
 ○参加費:無料
 ○対 象:小学生以上のお子様を含むご家族
 ○定 員:各回20家族(応募者多数の場合は抽選)
 ○申 込:https://www.kobe-kagakukan.jp/event/article/637よりお申込みください。(受付期間:7/17(土)~8/4(水))
    


オンライン講演会「火星の誕生と進化~水惑星から砂の惑星へ~」
火星はもっとも地球によく似た表層環境を持つ惑星です。特に、太古の火星には、濃密な大気があり、川が流れ、海が広がり、もしかするとそこに生命も暮らしていた可能性があります。
現在の火星は、ほぼ全体が砂漠に覆われた惑星になっていますが、地下には、いまなお大量の液体の水が眠っている可能性があります。この講演では、火星が経験してきた表層環境のダイナミックな進化について、最新の探査データとその理解をもとに解説します。
P2kouenkai02.jpg
講演者:倉本 圭(くらもと きよし)氏
北海道大学大学院 理学研究院 地学惑星科学部門 教授

 ○日 時:8月28日(土)13:30~14:30
 ○参加費:無料
 ○対 象:小学4年生~一般
 ○定 員:100名(先着順)
 ○申 込:https://www.kobe-kagakukan.jp/event/article/636よりお申込みください。(7/17(土)~受付開始)

 

協 力:一般財団法人日本宇宙フォーラム
画像提供:NASA

イベント検索へ

ピックアップ

小さな子どもから大人のカップルまで、知っているだけで
もっと楽しめる、スタッフよりすぐりのピックアップ!